一升瓶

日本酒と相性の良い食品

「適材適所」という言葉は、私達人間それぞれの適正を表しただけの言葉ではありません。
それは私達日本人が愛してやまない『日本酒』からも分かります。

主に日本酒がほかのお酒と違うところとは、やはり和食との相性がとても良いことです。
そもそも日本酒は、酒蔵好適米という、お酒のために存在するような米を使っています。
ですので、魚介類や貝類などと相性が抜群なのです。

その一例が白身魚との相性で、日本酒の辛さが辛口から甘口まで、幅広い適性がそれにはあります。
魚をつまみに日本酒を飲む、というよりは日本酒のために魚を食べる人も多いのではないでしょうか。
元が米であるからこそ私たちの食宅を豊かにする逸品であることは確かです。

しかし、課題も多く残されています。
未成年の摂取はもちろん、アルコール分が高めのため、その分酔いやすいという特性があります。
ですから、飲む量を考えて、適正で押さえることにより、日本酒がもっている健康を促進する効果がいっそう尾き立ちます。
特に白身魚などの魚類と相性の良い日本酒ですが、そのため多くの和食を作る際にも用いられています
お酒の辛さによっても指定する数値は異なります。
お酒は適量で楽しく飲んでぜひ健康を促進していきましょう。

このページの先頭へ