一升瓶

日本酒を日本人が愛用する理由

私たち日本人が特に好き好んで食べるものや飲むものと言えば、どんなものを思い浮かべるでしょうか。
お米や味噌、魚介類(海鮮もの)や豆類などでしょうか。
それら良い栄養分をたっぷり含んだ食材たちが、日本人の寿命を高めることに貢献していることには、疑問の余地がありません。
特に私たちの生活になくてはならない食材と言えば、やはり『米』です。
暖かいご飯とおかず、この文化はいつまでも続いていくであろう日本のよき象徴でもあります。

米と言えば、連想されるのが「日本酒」です。
そもそも日本酒は米、麹から作られるもので、日本人の私たちの舌に日本酒がマッチするのはある意味では当然のことと言えます。
それでいて、1000を超えるその種類ごとにその風味や広がりが異なる日本酒、味わえば味わうほど、その風味の深さに感嘆させられます。
地方によってその味わいが異なる点も面白いですね。
いわゆる『地酒』を味わうというのは、国内旅行における一つの醍醐味でもあります。

もちろん日本酒は料理にもとても会います。
特に日本人に好まれる焼き魚や刺身、貝類などの海鮮類によく合いますし、さまざまな料理に日本酒が使われます
単なる伝統だけでなく、日本人に愛されるにはそれなりの理由があるのです。

このページの先頭へ