一升瓶

日本酒作るための原材料

私達日本人には数ある食材の中でも一、二を争うほどになじみが深いのが、『米』だと言えます。
お米には様々な栄養分が含まれており、私たちの健康を促進します。
そしてその『米』が原料となっているのが、これまた日本人になじみの深い『日本酒』です。

日本酒は米と麹を使って作るものですが、日本酒と一口に言ってもバリエーションが豊富で、それら一つ一つ使っている原材料が違います。
特に日本酒に向いたお米の事を、『酒蔵好適米』といい、それを決める際の基準は粒の大きさや粒の固さなどが基準となっており、それら基準をより満たした酒蔵好適米が、美味しい日本酒の元となるのです。
それら使うお米が各社異なりますし、工夫の仕方も異なりますので、日本酒がそれぞれ『悪い理由』と良い理由を分けることにはなりません。

しかし、やはり特質すべきなのが日本酒が持っている優れた特性で、酵素が大量に含まれているゆえに、生活習慣病などの病気を予防する効果もあります。
お酒と聞くと一見健康とは縁が遠いと考えがちですが、適量を守れるなら健康に良い飲料なのです。
特に日本酒に相性が良い食材は『魚』や「貝類」などで、おつまみとしてだけの存在ではなく、いろんな料理に使われることでも有名です。

このページの先頭へ